「戦争と平和を考える番組表 」

重複したら済みませんが 転送します    岡田良子

「戦争と平和を考える番組表 」2019夏

平和と戦争を考えるテレビ番組 8月

   (NHK編)

8/3(土) 

   NHK 総合 後9:00〜11:06

映画「この世界の片隅に」

 広島市江波の実家を離れ、夫・周作の一家と呉で暮らす主人公すずと、周囲の人々の戦時下の日常生活を描いた長編アニメーション。2016年に公開されてから現在でも劇場上映が続いている。原作・こうの史代

   

NHK Eテレ 後11:00〜0:00 

   ETV特集「あの夏を終わらせる〜対話で描く広島原爆の絵〜」

8/4(日) NHK BS1 後10:00〜11:50    

   BS1スペシャル「マンゴーの樹の下で〜わたしはこうして地獄を生きた〜」

アジア・太平洋戦争中、日本の占領下にあったフィリピンには、多くの日本企業があった。「楽園の島」にあこがれた若い女性たちも移住し、タイピストなどの仕事に就いていた。しかし、1944年、米軍のフィリピン侵攻が本格化すると生活は一変した。マニラを脱出し、密林の中をさまよう地獄の逃避行が続いた。3000名の避難者名簿を手がかりに、生存者の証言から、マンゴーの実る南国で「楽園」と「地獄」を体験した女性や子どもたちの知られざる物語を掘り起こす。8日放送のドラマとコラボした長編ドキュメンタリー。

8/5(月) NHK BS1 後9:00〜10:50

   BS1スペシャル「ヒロシマの画家〜四國五郎が伝える、戦争の記憶〜」

 四國五郎(1924-2014)は、広島に生まれ、中国に出征後、シベリアに3年間抑留された。帰国後、広島が原爆で壊滅したことを知る。自分自身は被曝していないという引け目と葛藤しながら、戦争や原爆の継承を生涯の使命とする決意をする。いまアメリカで彼の作品を使った授業が広がり始めるなど、再評価が進んでいる。四國は、どのように自らの絵に被爆者の声を血肉化し、ヒロシマの画家となったのか。その姿を通じ、戦争の記憶と未来への継承について考える。

 8/6(火)

   NHK 総合 前8:00〜8:35

   「広島平和記念式典」

 今年4月に原爆資料館の本館が大幅にリニューアルされ、外国人来館者数も過去最多を更新した。核兵器のない世界の実現を願う被爆者や市民の願いは着実な歩みを進めている。しかし、その反面、世界情勢には、困難な課題が立ちはだかっている。被爆地ヒロシマの願いを未来にどう伝えていったらいいのか。被爆74年の平和記念式典の様子を生中継で伝える。

   NHK 総合 後10:00〜10:50

    NHKスペシャル「被爆者たちの”ラストメッセージ”

     〜生まれ変わる 広島原爆資料館〜」

「これほど被爆者の思いが形になった資料館は、かつてない。見る者にも覚悟を求める史上最も恐ろしい展示になった。」被爆者代表として展示の構想に携わった坪井直さんの言葉である。「資料館そのものが私たちの”遺品”となる」と、被爆者たちが表現する過去最大のリニューアルをした資料館。番組では、更新された展示物に秘められたエピソードや証言、リニューアルの経過を記した未公開資料などにより、被爆者・遺族が原爆資料館に託した”ラストメッセージ”に迫る。

  8/7(水) NHK BSプレミアム 後9:00〜10:00     

   ドラマ「甲子園とオバーと爆弾なべ」

 戦後の沖縄がひとつになって夢を見た1日がある。1990年夏の甲子園決勝。沖縄水産VS天理の試合だ。沖縄からの初めての決勝進出とあって、沖縄中がテレビ中継にかじりついた。道路から車が消え、お店は開店休業。試合は、惜しくも1対0で沖縄水産は涙をのんだ。ドラマは、勝ち上がっていく沖縄水産を、戦中・戦後を必死に生き抜いてきた自らの人生と重ね合わせて応援するオジーとオバーを中心に描く。那覇の市場を舞台に人々の物語が展開される。

  8/8(木) NHK BS1 後9:00〜9:50

    BS1スペシャル「アニメーションで伝える ヒバクシャからの手紙 2019」

 NHKヒロシマ放送局では、被爆者の方々から体験談を募集した。2200通を超える手記から選んだ3つのエピソードを、5〜10分の短編アニメーションにして紹介する。8月6日の悲惨な体験だけではなく、被爆前の家族との楽しい日々、今と変わらない恋や友情などのエピソードを描き出すことで、失われた日々の大切さを伝える。

   

NHK総合 後10:00〜11:13  

   特集ドラマ「マンゴーの樹の下で」

 4日に放映するドキュメンタリーとコラボした作品。米軍の猛攻により、マニラ湾を出港する船は全て撃沈され、帰国の道を閉ざされた6000名の女性たちはルソン島を北に向かうが、多くはその途中で命を落とした。生き残った女性たちが書き残した戦争体験をもとにドラマ化した。

 8/9(金) NHK 総合 前10:50〜11:45   

   「長崎平和祈念式典」

 被爆者の高齢化が進み、長崎での核廃絶運動の中心となってきた方々が、相次いで亡くなられている。こうした中、被爆の記憶を、どう継承していくかが、被爆地長崎でも大きな課題となっている。被爆から74年となる長崎から発信されるメッセージを中継で伝える。

   8/10(土) NHK総合 後9:00〜9:50    

   NHKスペシャル「#あちこちのすずさん〜戦争中の暮らしの記憶〜」

 家族から、戦争中の食べ物、おしゃれ、恋などの思い出を聴いて、SNSに投稿する若者が増えているという。きっかけは昨年8月放送の「クローズアップ現代+」。「この世界の片隅に」の主人公すずさんのような庶民の暮らしを取り上げ、#あちこちのすずさん というハッシュタグを立てたところ「自分もこんな話を聴いた」という投稿が殺到した。NHKスペシャルは、「らじらー!」(ラジオ第1)や「あさイチ」とも連携して若者世代からエピソードを集めアニメなどで再現。「すずさんたちの青春」を甦らせる。

    

NHK BSプレミアム 後9:00〜10:00

    ドラマ×マンガ「お父さんと私の”シベリア抑留”『凍りの手』が描く戦争」

 漫画家・おざわゆきの『凍りの手』は、シベリア抑留を経験した父から、当時の様子を詳細に聞き出して描いた作品。おざわは「若い世代が知らない戦争の真実を伝えるのが漫画家である自分の役割」と気づき、今度は母から戦時中の故郷・愛知の様子を聞いて『あとかたの街』を発表した。おざわゆきをモデルにした女性漫画家の人生をドラマ化し、『凍りの手』を映像化したものを交差させる。

Eテレ 後11:00〜0:00

    ETV特集「平和を願うバトン〜『映画・ひろしま』物語〜」

   8/11(日) NHK総合 後9:00〜9:50

   NHKスペシャル 「完全復元 ガダルカナルの戦い」

アジア太平洋戦争最大の分岐点となった「ガダルカナルの戦い」。今回謎に包まれた克明な経緯を明かす戦闘ログを発見した。従来、「無謀な作戦」を進めた日本の大敗北は必然とされてきた。だが、開戦当初窮地に追い込まれていたのは米軍だった。日本軍を一転して敗北に招いたのは、陸海軍の対立だった。海軍は、ガダルカナルの陸軍を”囮(おとり)” として 、米機動部隊を誘い出す作戦を行った。陸海軍の足並みの乱れによって、兵員輸送や補給は進まず、兵士たちは飢餓によって命を奪われていったのだ。番組では、新発見資料からガダルカナルの戦いの完全復元に挑む。

   

BS1 後10:00〜11:50

   BS1スペシャル「幻の巨大空母”信濃”〜その数奇な運命と乗組員たち〜」

 大和・武蔵に次ぐ3番目の巨大戦艦として建造されていた”信濃”。ミッドウェー海戦での空母の大喪失を受けて、急遽、空母に改造された。大和のような巨大な船体と強固な防御力により「不沈空母」の役割を期待されていた。しかし、初めての航海の途中、米軍によるたった4発の魚雷で沈没してしまう。いったい何があったのか。生存者へのインタビューと、綿密な取材により、その謎に迫る。

   8/12(月) 

     NHK総合 後10:00〜10:50   

    NHKスペシャル「かくして”自由”は死んだ〜”幻の新聞”と戦争への道」

 なぜ日本人は戦争への道に進んだのか。これまで空白だった部分を浮かび上がらせる一級資料を独自に入手した。治安維持法を制定した司法大臣・小川平吉が創刊した、戦前最大の右派メディア「日本新聞」である。1925〜35年に発行された3000部が新たに発見された。大正デモクラシー全盛期、少数派であった”国家主義者”は、「日本新聞」を発信源としてデモクラシー(自由主義)を攻撃。10年かけて”天皇のために命を捨てる”思想を浸透させていった。政治家・知識人・市民が「自由」の崩壊に、どう加担していたかを検証する。

   8/17(土) BS1 後10:00〜11:50   

    BS1スペシャル 「WAR BRIDE〜戦争花嫁2世がたどる母の軌跡〜」

 占領軍兵士と結婚してアメリカに渡った”戦争花嫁”は、5万人を超える。彼女たちは、母国と音信を断ち、日系人社会とも交流しなかった。彼女たちが米兵との結婚を選んだ理由も、アメリカ社会で、どのように生きていったのかも知られていない。いま、戦争花嫁を母に持つ2世が、彼女たちのことを調べ、証言を残そうとしている。そこで浮かび上がってきたのは、封建的な日本社会に疑問を持ち、新たな土地で人生を切り開くことを選んだ女性たちの姿だった。戦争花嫁たちと、その母の人生に向き合うことで自らの生き方を探す娘たちの姿を追う。

  

 NHK Eテレ 後11:00〜12:00

   ETV特集「女学生たちがみた原爆〜『工場日記』が語る長崎女子学徒隊〜」

    8/18(日) NHK 総合 後9:00〜9:50

    NHKスペシャル「スポーツと戦争〜アスリートたちの知られざる戦い〜」

 激戦の地・ガダルカナルでは、サッカー日本代表FWが。中国戦線では「メダルに最も近い」と言われた陸上短距離のホープが。オリンピック連覇を目指していた競泳のエースはインパールの戦場で、命を落とした。NHKは、広島市立大学と共同で調査を行い、少なくとも37名のオリンピック選手が戦争で亡くなっていたことが分かってきた。選手たちの足跡からは、戦争の「シンボル」として利用された実情が見えてきている。一方、そんな中で、スポーツの精神そのものを守ろうとした人物がいた。競泳の監督などを務めた松沢一鶴だ。今回、松沢の数百点に及ぶ資料も見つかった。2020年を控えたいま、アスリートの尊厳を奪い去った戦争の現実を明らかにするとともに、”オリンピアン”としての生き様を貫こうとしたアスリートたちと松沢の激動の人生を見つめる。

8/21(水) NHK BSプレミアム 後9:00〜10:30

    特集ドラマ「マンゴーの樹の下で」

                   

*ここで紹介した番組は、7月初めの時点で発表されているNHKに限ったものです。 番組の題名が変わることもあります。また、民放をはじめとして、この後もさまざま な番組が放映されることが予想されます。新聞のテレビ欄に注目していて下さい。