”玉音放送”の全文、現代語訳

(.huffingtonpost)8/15 から    転送 岡田良子

”玉音放送” 現代語でどんな意味?
https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_62e72de5e4b006483a9e96a4  ※現代語訳は、『昭和天皇 玉音放送』(あさ出版)の著書がある麗澤大学の川上
和久
教授(政治心理学)の監修のもと、掲載しています。

【終戦の詔書(現代語訳)】
私は、世界の情勢とわが国の現状とを十分に考え合わせ、非常の手立てをもってこの

態を収拾しようと思い、私の忠義で善良な国民に告げる。
  私は政府に対し、アメリカ、イギリス、中国、ソ連の4カ国に、四国共同宣言
(ポツダム宣言)を受諾することを通告させた。
  そもそもわが国民が健やかに、安らかに生活できるよう心がけ、世界の国々とと
もに栄えその喜びを共有することは、歴代天皇が手本として残してきた教えで、私も
常に念じてきたところでもある。したがって、さきに、アメリカとイギリスの二国に
宣戦布告した理由もまた実に、わが国の自存とアジアの安定を心から願ったためで
あって、他国の主権を押し除けたり、領土を侵したりするようなことは、もちろん私
の意志とは異なる。しかしながら、この戦争が始まってすでに4年がたった。陸海軍
の将兵は勇戦奮闘し、多くの役人たちも職務に励み、一億国民も各職域に奉公してき
た。それぞれが最善を尽くしてきたが、戦局は必ずしも好転せず、世界の情勢もまた
我々に不利である。そればかりでなく、敵は新たに残虐な爆弾(原子爆弾)を使用し
て、多くの罪なき人々を殺傷し、惨害がどこまで広がるかはかり知れない。なおも戦
争を続けるなら、ついには我が民族の滅亡を招くだけでなく、ひいては人類の文明を
も打ち壊すことになるであろう。そのような事態になれば、私はどうして我が子のよ
うな国民を保護し、歴代天皇のみたまにお詫びできようか。これこそ、私が政府に対
し、ポツダム宣言に応じるようにさせた理由である。
  私は、わが国とともに終始アジアの解放に協力した友好諸国に対し、遺憾の意を
表明しないわけにはいかない。わが国民のうちで戦死し、職場で殉職し、不幸な運命
で命を落とした人々やその遺族に思いをはせると、まことに悲しみに耐えない。ま
た、戦争で傷を負い、戦禍に遭い、家業を失った人々の厚生を考えると深く心が痛
む。思うに、これからわが国が受ける苦難は尋常ではないだろう。わが国民の心中も
私はよくわかっている。しかし、時世の移り変わりはやむを得ないところで、耐えが
たいことを耐えて、忍び難いことも忍んで、未来の平和を実現するために道を拓いて
いきたい。
   私は今ここに、国体(天皇を中心とする秩序)を護持し得て、忠良な国民の真
心を信じ、常に国民とともにある。もし激情にかられて、みだりに問題を起こした
り、同胞が互いに相手をけなし、おとしいれたりして時局を混乱させ、そのために人
間の行うべき大道を誤って世界から信義を失うようなことがあれば、それは私が最も
戒めたいことだ。全国民が家族のように仲良く分かち合い、長く子孫に受け継ぎ、わ
が国が不滅であることを固く信じ、国の再建と繁栄への任務は重く、その道のりは遠
いことを心に刻み、持てる力の全てを未来の建設のために注ごう。道義心を大切に
し、志を強固にして、わが国の美点を発揮して、世界の進歩に遅れないよう努力しな
ければならない。わが国民よ、私の意のあるところを十分汲み取って身につけてほし
い。

【終戦の詔書(原文)】
朕(ちん)深ク世界ノ大勢ト帝国ノ現状トニ鑑ミ非常ノ措置ヲ以(もっ)テ時局ヲ収

セムト欲シ茲(ここ)ニ忠良ナル爾(なんじ)臣民ニ告ク
  朕ハ帝国政府ヲシテ米英支蘇四国ニ対シ其(そ)ノ共同宣言ヲ受諾スル旨通告セ
シメタリ
  抑々(そもそも)帝国臣民ノ康寧(こうねい)ヲ図リ万邦共栄ノ楽ヲ偕(とも)
ニスルハ皇祖皇宗ノ遺範ニシテ朕ノ拳々(けんけん)措(お)カサル所曩(さき)ニ
米英二国ニ宣戦セル所以(ゆえん)モ亦(また)実ニ帝国ノ自存ト東亜ノ安定トヲ庶
幾スルニ出テ他国ノ主権ヲ排シ領土ヲ侵スカ如(ごと)キハ固(もと)ヨリ朕カ志ニ
アラス然(しか)ルニ交戦已(すで)ニ四歳(しさい)ヲ閲(けみ)シ朕カ陸海将兵
ノ勇戦朕カ百僚有司ノ励精朕カ一億衆庶ノ奉公各々最善ヲ尽セルニ拘(かかわ)ラス
戦局必スシモ好転セス世界ノ大勢亦我ニ利アラス加之(これにくわうるに)敵ハ新ニ
残虐ナル爆弾ヲ使用シテ頻(しきり)ニ無辜ヲ殺傷シ惨害ノ及フ所真ニ測ルヘカラサ
ルニ至ル而(しか)モ尚交戦ヲ継続セムカ終ニ我カ民族ノ滅亡ヲ招来スルノミナラス
延(ひい)テ人類ノ文明ヲモ破却スヘシ斯(かく)ノ如クムハ朕何ヲ以テカ億兆ノ赤
子(せきし)ヲ保(ほ)シ皇祖皇宗ノ神霊ニ謝セムヤ是(こ)レ朕カ帝国政府ヲシテ
共同宣言ニ応セシムルニ至レル所以ナリ
  朕ハ帝国ト共ニ終始東亜ノ解放ニ協力セル諸盟邦ニ対シ遺憾ノ意ヲ表セサルヲ得
ス帝国臣民ニシテ戦陣ニ死シ職域ニ殉シ非命ニ斃(たお)レタル者及其ノ遺族ニ想
(おもい)ヲ致セハ五内(ごだい)為ニ裂ク且(かつ)戦傷ヲ負ヒ災禍ヲ蒙(こう
む)リ家業ヲ失ヒタル者ノ厚生ニ至リテハ朕ノ深ク軫念(しんねん)スル所ナリ惟
(おも)フニ今後帝国ノ受クヘキ苦難ハ固ヨリ尋常ニアラス爾臣民ノ衷情モ朕善ク之
ヲ知ル然レトモ朕ハ時運ノ趨(おもむ)ク所堪へ難キヲ堪へ忍ヒ難キヲ忍ヒ以テ万世
ノ為ニ太平ヲ開カムト欲ス
  朕ハ茲ニ国体ヲ護持シ得テ忠良ナル爾臣民ノ赤誠ニ信倚(しんい)シ常ニ爾臣民
ト共ニ在リ若シ夫(そ)レ情ノ激スル所濫(みだり)ニ事端(じたん)ヲ滋(しげ)
クシ或ハ同胞排擠(はいせい)互ニ時局ヲ乱リ為ニ大道ヲ誤リ信義ヲ世界ニ失フカ如
キハ朕最モ之ヲ戒ム宜(よろ)シク挙国一家子孫相伝ヘ確(かた)ク神州ノ不滅ヲ信
シ任重クシテ道遠キヲ念(おも)ヒ総力ヲ将来ノ建設ニ傾ケ道義ヲ篤クシ志操ヲ鞏
(かた)クシ誓テ国体ノ精華ヲ発揚シ世界ノ進運ニ後レサラムコトヲ期スヘシ爾臣民
其レ克(よ)ク朕カ意ヲ体セヨ

<参考文献>
『昭和史の天皇30』(読売新聞社、第30巻)
『昭和天皇 玉音放送』(あさ出版、解説・著:川上和久)
『天皇の玉音放送』(朝日文庫、小森陽一)